学生が生活費に困ったときはキャッシング

自宅から通えないほどの距離にある大学や専門学校に入学すると、アパートを借りて、一人暮らしを始める学生がほとんどです。

基本的には、親からもらえる仕送りと、アルバイトで稼いだお金で生活する必要がありますが、サークルなどで交友関係が増えたり、恋人が出来たりすると、あちこちに出かける機会が増えるので、月末が来るまでにお金がなくなってしまうこともあるでしょうね。

親に借りるのが一番簡単だけど、仕送り以上に甘えるわけにはいかないと思っている方があれば、お近くの金融機関でキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

大学生や専門学校生であっても、アルバイトなどで毎月安定した収入がある場合は、キャッシングを利用できるので、お金が足りないときはいつでも頼りにするようにしましょう。

学生がキャッシングを利用する際は、一般のサラリーマンなどと比べると、それほど多くのお金は借りられませんが、生活費に使える、数万円程度のお金ならすぐに審査に合格するので、安心して申し込んでください。

ただし、すでに他社からお金を借りていて、その返済が滞っている方の場合は審査で落とされる可能性があります。

それでもローン会社によっては、合格にしてくれるところがあるので、もし落とされた場合は、審査が優しい別の会社を選んで申し込むと良いでしょう。

審査の優しい消費者金融なら、他社で落とされた方でも合格することがあるので、諦めずに申し込んでみてください。

審査で合格となった場合は、指定した口座にお金を振り込んでくれるので、店頭まで受け取りに行く必要はありません。

来店不要のローン会社からキャッシングをすれば、お店が近くになくても、電話やインターネットで申し込めるので、一度もこちらからお店まで出向くことなくお金を受け取ることが出来ます。

初めてキャッシングを利用するので、返済できるかどうか心配という学生の方は、申し込みの前に返済シミュレーションを試しておくようにしてください。

学生アルバイトやパートでもキャッシングOK

現在では様々な雇用形態で仕事をしている方がいますので、昔とは違っている状況です。以前は正社員という雇用形態の方が利用できる事が多く、どうしても契約社員や派遣社員は敬遠されていました。

しかし現在では、契約社員や派遣社員でも利用する事が可能になっており、状況によっては学生アルバイトやパートでも利用する事ができます。

実際にアルバイトやパートという雇用形態で、キャッシングを利用している方もたくさんいます。ただし学生アルバイトやパートという雇用形態で仕事をする場合には、安定した収入を確保している事を証明しないといけないです。その事を証明する事ができないと残念ながら、アルバイトやパートでもキャッシングを利用する事ができないです。

しかしキャッシングを提供している多くの消費者金融は、以前とは違って利用者の拡大を狙っています。安定した収入を確保できており、以前に問題を起こしていない方ならば、十分に利用できる可能性が高いです。もしもアルバイトやパートという雇用形態で、キャッシングの利用を考えている方は、諦めずに申込を行ってもらいたいです。

利用限度額が低く設定される可能性が高いですが、それでもいざという時にキャッシングを利用する事ができるかもしれないです。またキャッシングを利用した際に、きちんと返済する事ができれば、更に利用限度額の上限を認められるかもしれないです。そうすればもっと多くのお金を融資してもらう事ができるので、更に利便性を増す事ができます。

このように現在のキャッシングは、正社員だけが利用できる訳ではないです。学生アルバイトやパートという雇用形態でもキャッシングを利用する事は事実上可能になっています。ただし審査はその分厳しくなりますので、それに備えて収入証明証や身分証明証を準備しておかないといけないです。

万が一審査に落ちてしまった場合でも、他の消費者金融を利用する事で、状況を打開する事ができる可能性もあります。

無利息のカードローンの良さについて

キャッシングやカードローンの広告は、電車などに乗っているとよく見かけると思います。

その中でも一際目を惹かれるのが「無利息」とかかれたメッセージです。

やはり、金利手数料はカードローンなどを決める大きな要素になりますから、無視することができません。

もちろん無利息とは言っても、ずっと無料で借りられるというわけではありませんが、

初回の利用などであれば、完全に無利息でお金を借りられるため、初めてカードローンを使って

お金を借りようと思っている方にとっては非常に便利なサービスだと言えます。

気をつけておきたいことと言えば、返済の期限をしっかり守るということでしょう。

無利息ということに安心してしまって返済を遅らせてしまうと次回からの利用に支障が出てきますし、

新たに他の会社のキャッシングやカードローンを申し込もうとしたときに審査が通り難くなったりするという弊害が出てきます。

審査が通らないとお金が新たに借入できないということになりますから、生活も大変になりますので、

まずはお金はしっかり返済する、しかもどんな用事があっても最優先で実行するということを肝に銘じておく方が、

今後のカードローンやキャッシングとの良い付き合いをするためにも大切になります。

初めてキャッシング

初めてキャッシングを使用したのは、20歳の時でした。当時学生をしながら、アルバイトをしていました。

専門卒業の際、みんなで、旅行にいくことになりましたが、お金がありません。親には自分でなんとかしなさいと一蹴り。そんな際、キャッシングを知りました。
最初はキャッシングって怖いというイメージがありましたが、今は一切ありません。電話で情報を話し、確認書類をコピーするだけでした。

手続きはそれのみで、簡単でした。そして対応して下さった方はとても親切なイメージでした。

しばらくすると連絡がはいり、最初連絡してから、キャッシングまで、なんと2時間。2時間で10万円借りることができました。
最初は旅行に行くのを自分だけ断念しようと思いましたが、行けて良かった!

本当に良い思い出を作ることができました。最初の怖いイメージから、今は感謝したい気持ちです。

今はキャッシングする必要は無くなりましたが、万が一急に必要な場合は候補に入れて頂いても良いとおもいます。

キャッシング枠の増額申し込みとは?

現在、30万円枠になっているキャッシングの上限を50万円まで引き上げたい

このような時に、限度額を引き上げるのを増額申し込みと言います。

限度額を引き上げる事で、更にキャッシングを行う事が出来るようになります。

これは、利息の問題を考えると、少額づつ、何箇所かの貸し金業者から借りるよりも

遥かに効率が良く、利息を抑えられる方法と言えるでしょう。

しかし、増額出来るからと言って、誰でも申し込みが通るか?というとそうではありません。

今でさえ、返済が遅延気味の債務者に、さらに高額のお金を貸すというのは回収不能のリスクを

増やしてしまう以外の何物でもないからです。

では、キャッシング枠の増額申し込みを受けられる人は、どういう人かと言いますと、

①借入額が年収の3分1に到達してはいない ②毎月の返済で大目に返済している ③長い間利用期間がある

というような条件に該当している人がそれに当ります。

①の年収の3分の1に到達してはいないは、総量規制に引っ掛かっていない人を意味します。

法律改正で、年収の3分の1以上の貸付は出来なくなっているからです。

次に②は、最低返済額よりも大目に返済する人は資金力に余裕があり、返済能力が高いと

考えられるから、最後の③は、返済の遅延などを起さず、定期的に返済する信頼のおける顧客と

業者が判断しているという事になります。

実際に、これらの条件に合致している顧客の下には、電子メールなり、郵便物なりの方法で、

増額を勧める貸し金業者からの通知が来ていると思われます。

逆に言えば、そのような通知が皆無という事は、増額を見込める顧客とは考えられていない

そう受け取る事もできます。

もっとも、そういう場合でも、返済を大目に行い、返済と同時にキャッシングするなどの

行動が無いならば、増額申し込みをしても審査に通るかも知れません。

増額申し込みは、貸し金業者から見れば、さらに利息による儲けが見込めると思われている

という事ですから、返済の遅延や、返済を最低限度枠でしか行わないという事だと、

どうしても審査が厳しくなるという事なのです。

増額申込みについて

カードローンの増額申込みについて考えてみました。

増額申し込みの審査は普通にお金を借りるよりも厳しくなっています。

審査結果は3日から一週間ぐらいかかることがあります。

審査に通るためにはいくつかの条件があります。

今までに返済が遅れたことがないことと半年以上利用しているということです。

この条件に当てはまらない時は審査に通ることができない可能性が高くなってしまいます。

半年以上返済期日までに返済している利用者には業者のほうから増額をしませんかという連絡が来ることがあります。

限度額を増額すると金利が低くなるというメリットもあります。

残念ながら増額申込みに断られてしまったら他の業者から借りるという方法もあります。

学生でもキャッシングできるの?

学生生活でどうしてもお金が足りない・・と言う事は多いと思います。一人暮らしをしていて親からの仕送りやアルバイトなどに励んで切り詰めても足りないという事は多々ある事です。

遊び歩いてばかりでお金が無いというのは、論外ですが、勉強と生活費を稼ぐアルバイトの両立は大変な事です。

しかし、支払は待ってくれません。公共料金や家賃の引き落としまでにどうしてもお金が必要!という場合に乗り切る方法としては、キャッシングでしょうか。

実は、学生でもキャッシングを利用する事ができる業者が存在しています。大手の消費者金融、学生ローン専門などです。

もちろん、学生のキャッシング審査の条件があり、20歳以上であり安定した収入がある、学生の場合であってもアルバイトやパートなどの安定収入がある人となっています。免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類の用意だけで良いようです。

学生でキャッシングを利用するメリットとしては、親や家族に知られることなくキャッシングできるという点です。お金を借りている事は、できれば家族に知られたくないと考える学生さんは多いようです。その手は、全く心配は要らないようです。

一時的なお金の無い状況を乗り切る事が出来るという点もメリットです。特に公共料金、携帯電話代金などの支払は、期日を延ばしてはくれません。

そういった迫っている状況でも、安心して生活を送る事が出来るという点は良いですね。

ただし、メリットばかりでもありません。学生のキャッシング利用はできるだけ、最小限にしておくことが良いです。気が付いたら、返済額が追いつかないという状況が最も危険です。

お金を借りたら返す事が大前提です。

また、融資額限度は一般的に10万とされていますから、大きく膨らむことは無いと思いますが、返済時の負担を考慮して頻繁に借りない事をおすすめします。

もちろん返済の遅れがあると、その後のローン審査などに影響するので返済期日はしっかりと守りましょう。

▼お金を借りるときに便利です
消費者金融の審査基準

即日キャッシングを利用すれば・・・

消費者金融を利用されていない方は、即日キャッシングと聞いてもピンと来ないかもしれません。

借り入れの申込みをした日に現金を入手できることを即日キャッシングといいます。

日々の生活を送っていると、急な出費に困った経験はありませんか?

そのような時に知人や友人を頼ったりする人もいるようですが、将来的なことも考えると問題が起こりそうですよね。

お互いが対等な関係のほうが友人関係はうまくいきます。

お金の貸し借りが友人間でなされてしまうと、貸した側が上の立場になってしまい、上下関係が生まれてしまうのです。

一旦そうなってしまうと、昔のような友人関係に戻れなくなってしまいます。

すぐに貸してくれるからといった理由で友達関係を利用するのではなく、消費者金融の即日キャッシングを利用してみてはいかかでしょうか?

借りる金額によっても異なりますが、わずかの金利を負担するだけで必要な金額を貸してくれるかもしれません。

消費者金融の融資審査のスピードは大変早いですし、銀行のように審査に何日もかかってしまうこともないでしょう。

必要なときにすぐに現金を入手できるのが即日キャッシングの魅力。

もちろん、借りる人の状況によって借りることができる金額などは異なりますが、友人に借りるよりも気が楽なのがいいですね。

今では簡単操作で申込みができる自動契約機が設置されている消費者金融も多いです。

急な出費でどうしようか考えている方は、一度お近くの消費者金融に行かれてはいかがでしょうか?

学生でもキャッシング申込みって可能?

消費者金融やカードキャッシングと聞くと高金利や過払いなどあまりポジティブな評判を聞くことがないかと思います。

特に仕送りやアルバイトなど収入源が限られている学生などはなおさら使ってみたいなどとは思わないでしょうし、使いたいと思っていても融資の際審査に通るかどうか分からないので申し込まないというのが現状なのです。

しかし、近年のキャッシングはかなりクリーンになってきており、法律による規制で18%以上の利息を取ることは固く禁止されていますし、

事業者も大手銀行の子会社が行っていますので安心して使えるようになっています。

また、多くのカードローンは学生の場合でも20歳以上で一定の収入があれば融資を行ってくれますし、学生たちが使いやすいようにとCMなども有名俳優を使ったりサークルの学生を扮した人達がカードローンを使った買い物へ向かうシーンを取り入れることでイメージアップを心がけているのです。

アコムを例にとってみると学生が登場する物語性のあるCMでカードローンキャッシングでの借りやすさをアピールしていますし、30日間の金利0円サービスや土日休日の窓口・無人機営業など通学で忙しい学生でも借りやすいサービスが提供されています。

このように学生でも借りやすいというと少し不安を覚えるかもしれませんが収支を計算して計画を立てて趣味や日頃の活動を充実させるために借り入れるのであれば全く問題はないと言えます。

ですから学生の皆さんはキャッシングを使う際は計画を立てて無理せず活用してください!